修復プロジェクト

尼門跡寺院研究調査プロジェクト

1980年代、中世日本研究所の活動は「女性と仏教」というテーマで活動をはじめます。 13世紀の禅尼である無外如大禅尼(1223-1298)の頂相彫刻との出会いから、彼女が創建した景愛寺の研究を行いました。景愛寺は京都や鎌倉の禅の五山制度に相当する尼五山の頂点に位置する尼寺で、京都の尼門跡寺院には無外如大の残した美術品、肖像画、書状などが伝わっています。

1990年に入り、無外如大の研究から、景愛寺の法灯をつがれる花山院慈薫大聖寺門跡のご理解ご協力により、京都の尼門跡寺院の門戸が中世日本研究所に開かれることになりました。調査研究のお許しを得ることができ、以来、尼門跡寺院の文書や美術品の調査を行なっております。

調査を進めるうちに、所蔵品や建造物に修復の必要性が判明し、皇后陛下美智子様にもお気にかけていただき、1999年に故平山郁夫画伯をご紹介くださいました。平山氏の設立された文化財保護・芸術研究助成財団による尼門跡寺院修復プロジェクトが発足し、それ以後、毎年、文化財の修復を行なっております。

公益財団法人 文化財保護・芸術研究助成財団 http://www.bunkazai.or.jp

WMFの協力

2002年、中世日本研究所は、ワールド・モニュメンツ・ファンド(WMF)と尼門跡寺院の建造物保存に関して協力関係を締結し、尼門跡寺院における建造物保存のための助成金を受けることになりました。

WMFはニューヨークに本拠を置く非営利団体で、歴史的重要性のある建造物や庭園等を保護・保存していくことを目的としています。WMFは設立以来50年近くにわたって、国や宗教、地理に関わることなく、世界中の文化遺産を保存助成対象としてきましたが、日本に目を向けられたのはごく最近のことで、尼門跡関連プロジェクトに注目して下さったことは大変名誉なことです。

2001年から2008年にかけ宝鏡寺、法華寺、霊鑑寺、中宮寺の修復に支援をいただきました。ワールド・モニュメント財団を通じ、フリーマン財団、ウィルソン財団、ティファニー財団はじめ、日本国内の多くの皆様のご支援により修復事業が行われました。

s_sWMFJapanbrochure(2)

 

ワールド・モニュメント財団
(英文サイト)https://www.wmf.org

画像の説明画像の説明