女性仏教文化史研究

活動内容・プロジェクト

活動内容

過去のイベント

多くの方々にご来寺頂き、無事に終了いたしました。

2013年1月〜3月、京都市観光協会「京の冬の旅」非公開文化財特別公開
尼門跡寺院が公開されます。
日程など詳細は「京の冬の旅」をご覧ください。

s_fuyunotabi(2)

公開尼門跡寺院

大聖寺門跡
寶鏡寺門跡
霊鑑寺門跡
三時知恩寺門跡

得浄明院

法華寺蔵『七草絵巻』修復記念

―講演と展覧の会―

「尼門跡寺院の世界」展

画像の説明

法華寺蔵『七草絵巻』修復記念
―講演と展覧の会―

画像の説明

日時   2012年5月19日(土)
会場   奈良女子大学内 
      佐保会館
参加費  無料
定員   100名
作品解説(午前10時30分~11時30分)
 横山 恵理 (奈良女子大学大学院生)

講 演(午後1時~4時)
 千本 英史  (奈良女子大学) 「挨拶」
 石川 透   (慶應義塾大学)
「法華寺七草絵巻の成立」
 岡 泰央   (岡墨光堂)    「七草絵巻の修復について」
 モニカ・ベーテ(中世日本研究所)「七草絵巻と法華寺」

画像の説明

主催 
 法華寺
 慶応義塾大学絵入り本プロジェクト

共催
 中世日本研究所
 奈良女子大学社会連携センター

協力
 法華寺光明会
 法華寺友の会
 法華寺Japan21
 華道法華寺小池御流 

連絡先)
法華寺    
  電話  0742-33-2261
  FAX  0742-33-1262
  メール  hbb27450@wave.odn.ne.jp
  http://www2.odn.ne.jp/hokkeji
慶応義塾大学  
  電話  03-5427-1178
中世日本研究所 
  電話/FAX 075-212-1206
  メール chusei-nihon@fancy.ocn.ne.jp

尼門跡寺院の世界」展

画像の説明

タイトル 皇女たちの信仰と御所文化 尼門跡の世界

会 期 平成21年4月14日(火)〜6月14日(日)

会 場 東京藝術大学大学美術館

主 催 東京藝術大学、中世日本研究所、産経新聞社

内 容
現存する京都、奈良の13尼門跡寺院の所蔵する文化財を中心に「尼門跡の世界」を紹介。尼門跡のライフサイクルや年中行事、本堂の荘厳さから、開山・中興の尼僧たちの信仰の情熱の一端にいたる尼門跡寺院の歴史を披露。また、御所文化に彩られた華やかな書院の復元や道具類や御所人形、遊び道具、そして、数々の天皇、将軍家からの拝領品などを展示。

日本の古都、京都・奈良には今でも13ヶ寺の尼門跡が残っている。尼門跡とは皇族・公家など、高貴な女性の入寺によって営まれてきた独特な品格を持つ寺院で、わが国が世界に誇れる文化遺産である。これら尼門跡の開山・中興の尼僧たちの生活と信仰に焦点を当てながら、そこで培われ、伝えられた伝統文化を紹介。古くは 7、8世紀の時代の尼寺に始まり、江戸時代には皇室とのゆかりによる「御所文化」が育まれ、独特な宗教儀礼や 信仰生活が形作られた。京都・奈良13尼門跡寺院(五十音順、敬称略、圓照寺・光照院・三時知恩寺・慈受院・大聖寺・中宮寺・曇華院・宝鏡寺・宝慈院・法華寺・本光院・林丘寺・霊鑑寺)に関連する作品、180余点にてその生活を紹介した展覧会。

s_auto-qgdc65(1)
「尼門跡寺院の世界」展図録購入方法
Exhibition Catalogue Order Form

powered by Quick Homepage Maker 4.81
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional