無外如大尼 生涯と伝承-中近世の女性と仏教

中世日本研究所編

MUGAI NYODAI The Woman Who Opened Zen Gates

Edited by the Medieval Japanese Studies Institute 

女性と仏教の関係を考えるうえでもっとも重要な存在である無外如大尼(1223-1298)。円覚寺開山・無学祖元(1226–1286)の法を嗣いだ高僧であり、後世の尼僧たちに多⼤な影響を与え、今なお京都の尼門跡寺院がその法灯を継いでいる。如大尼の生誕800年を記念して、日・米の研究者が謎多き無外如大尼の出自や人物像を明らかにし、女性史・仏教史の新たな研究成果として日本語・英語、完全バイリンガルで紹介する。初掲載となる貴重な資料を多数オールカラーで収録。

モニカ・ベーテ(中世日本研究所所長)/パトリシア・フィスター(中世日本研究所/国際日本文化研究センター名誉教授)/原田正俊(関西大学教授)/米田真理子(鳥取大学教授)/カレン・ゲーハート(ピッツバーグ大学名誉教授)/バーバラ・ルーシュ(中世日本研究所名誉所長/コロンビア大学名誉教授)

中世日本研究所: ニューヨークのコロンビア大学から派生した独立研究機関。1968年にアメリカで設立。京都・奈良に残る尼門跡寺院に関する研究に取り組んでいる。

思文閣出版 オンラインショップ